あすなろ通信第33号(1012)

 あすなろ通信第33号(1012)
あすなろ支援会会長 才田 覚
 この「あすなろ通信」は、あすなろ支援会会員の皆様にこれをお届けすることにより、あすなろ支援会会員相互の動きや鍼や健康に関することを皆様にご理解いただき、皆様の役に立つこととそして更に会員間の一体感を高めつつ、本会及び会員の皆様との発展を期すために発行いたしております。
 このような意味で皆様には連絡、ご意見、お尋ね等々、何でもございましたら会の事務局(下記)までお寄せ下さいますようお願いいたします

あすなろ支援会事務局
住所 〒862ー0941
   熊本市出水8丁目19ー24 
   才田鍼専門治療院気付
   あすなろ支援会事務局
電話 096ー371ー1234
あすなろ支援会ホームページアドレス
http://asunaro-hari.jpn.org/

 皆様こんにちは。秋も終わりとなり、初冬の気配濃厚の頃となりました。
 さて、今月の通信はあすなろ関係鍼治療院のリーフレット(最近はご案内に改名)について、あすなろ関係鍼治療院の打ち合わせ会(仮称)について、会員情報、事務局から、健康一口メモ、今月の言葉をお届けいたします。どうか最後までお読みくださいますように。

   ・あすなろ関係鍼治療院のご案内について
 これまで数度にわたりましてこの通信でご案内(以前はリーフレット)についてお知らせしてまいりました。
 このご案内は当初、高畠さんを中心に作成を始めましたが、最近は河村さんにもレイアウトや装飾の作業を手伝ってもらうために加わってもらいました。このご案内はこれまでに10回近くの手直しを繰り返してあと少しで完成の状態となっております。
 これが完成しますと、あすなろ関係鍼治療院の方々にこれを各治療院にそなえていただき、来院いただいた方に配布をお願いすることに致しております。

   ・あすなろ関係鍼治療院の打ち合わせ会(仮称)について
 この打ち合わせ会は先月のあすなろ学習会の後に行われました。参加者はあすなろ関係鍼治療院の6名の方と上記ご案内の作成にかかわってもらっています、高畠・河村さんの計8名でした。
次にこの話し合いの決定事項を、簡単に書きます。
①今日出された意見を高畠・川村の両氏が取り入れてご案内の見本を作る。
②この見本を各治療院に送り各治療院の方はそれを見直して修正箇所などがあれば高畠さんに連絡する。
③②の意見をくんで高畠・川村さんでご案内を最終的に必要部数作成する。
④このご案内には病名が入っているので、一般の宣伝はできないので今回は各治療院や仲間への配布を行い、将来はチラシとしても配布できるようなものを作る。そして、そのときにはまた関係者で相談する。

   ・会員情報
 平成22年の4月から本会会員の方々の情報をお伝えしております。今回もそのお一人の人について取り上げました。

河村義弘さん
 最近入会された方で、現在は鍼の臨床研修生として鍼の研修を続けていらっしゃいます。
 この通信にもすでに書いておりますが、河村さんは色彩やデザインについての鋭い感覚を持っていて我々のパンフレット(ご案内)ではその才能を発揮され、数名の方から高い評価を受けました。印刷屋さんに頼まなくてパソコンでの印刷にしたので小回りが利く改訂作業を繰り返すことができて、予算的にそして物理的な処理作業でもかなりの力を発揮するなど我々の会は大変助かっています。

   ・事務局から
あすなろ支援会のメーリングリストについて

 このたび表記本会のメーリングリストを整備し直すことにしました。

 以前本会発足の頃作りました本会のメーリングリストが休止状態になっていましたので、これからしばらくの時間をかけて整備し直すことにしました。
 新しく登録を希望される方と以前既に登録されている方で登録を解除したい方はいずれも事務局までご連絡下さい。

 ここでメーリングリストをお使いでない方のために簡単にメーリングリストについて説明したいと思います。

 メーリングリストとは、複数の人に同時に電子メールを配信する仕組みでMLと略されます。
実際的にはメーリングリスト宛の代表電子メールを一人が送信すると、その送信されたメールはリストに登録されたメンバー全員に自動的に配信され、これを繰り返すことによって仲間の情報交換ができる形のものです。

 くわしくは事務局までお問い合わせ下さい。電話096ー371ー1234

   ・健康一口メモ
 2009年3月から掲載を致しておりますララ先生の健康に関する記事を先生のご厚意で転載いたします。

   ララ先生の健康レシピ
 はり師のララ先生が実際に体験した健康に関するレポートをお届けします。
 この健康レシピのブログアドレス
 http://lulla3722.blog.bbiq.jp/
 インターネットをなさっていらっしゃる会員の皆様は、どうぞブログを上のアドレスから直接ご覧下さい。

片足で立ち上がれますか?

さあ、あなたも試してみましょう!
1、椅子に座ります。
2、腕は軽く前で組んで、片足は浮かせたまま、もう片方の足で立ち上がります。
立ち上がって、そのまま3秒立っていられたらOKです。
3、反対側の足でもやってみましょう。
立ち上がったときに、ふらついて転倒のおそれがありますので、くれぐれも注意して行ってくださいね。
食卓の椅子から立ち上がれたら、あなたはセーフです。
これは、足腰がしっかりしているかどうかのテストです。
ララも試してみたところ、低い椅子ではまるでウソみたいにびくとも動けませんでした。
立ち上がれなかった方は、1日15回のスクワットと、左右1分間の片足立ちを1日3回行いましょう。
これを毎日続けます。
ということで、ララもやってます。

 この健康一口メモの内容ですが、「どうかこんな記事を載せて欲しい」「こんな質問があるけど」など、私、才田までお寄せ下さい。
電話096ー371ー1234

   ・今月の言葉
今月の言葉担当 坂田勇

 平成21年11月から「今月の言葉」を紹介させていただいている坂田と申します。熊本市在住、中年の自営業者です。
私などがこのような場で執筆するのは、正直少々気恥ずかしいのですが、ここで紹介いたします「言葉」が、皆様の毎日の日常に少しでもプラスになればと思い書き進めてまいります。どうぞ宜しくお願いいたします。

今月の言葉⑬(2010年12月)

クリスマスの笑顔

元手いらずで利益は莫大。
与えても減らず、貰った人は豊かになる。一瞬見せれば記憶は永久。
どんな金持ちにもなくてならぬもの、
どんな貧乏人をも豊かにせずにはおかないもの。
家庭には幸福を、商売には善意をもたらし、友人の目印ともなる。
疲れた人にとっては休養、失意の人にとっては光明、
悲しむ人にとっては太陽となり、悩みをあっと言う間に消す名薬。
買うことも、ねだることも、盗むこともできない。
人に与えてこそ初めて価値があるから。
クリスマスの買い物客の対応で、店の者が疲れ切った顔をしていたら、どうか、お客様の笑顔を頂けませんか?
笑顔を使いきった人間には、笑顔が何よりのごちそうですから。

ニューヨークの繁忙を極めるあるデパートの
クリスマスセール期間中のショウウィンドウの広告より

これは4,5年前に私が偶然訪れたガソリンスタンド(熊本市内です)の化粧室の壁に、A5サイズくらいの本当に小さな額縁に入れて、ひっそりと掛けられていた文章です。「すごいなぁ…」、私は思わず手帳にメモしました。この文章に解説は不要だと思います(というより、私の拙い知識による解説で、せっかくの名文にキズを付けたくありません)。

季節はちょうど師走の半ば、19時過ぎの本来なら真っ暗なはずの街並みは、ラッシュの車のヘッドライトの光でうっすらと明るいくらいでした。化粧室から出て自分の車までの7、8メートルの距離を冷たい風を頬に受けながら歩く私の眼に、そんな風の冷たさなど微塵も感じず、次々と出入りする車を大きく元気な声で上手に誘導し、給油の合間にテキパキとガラスを丁寧にふき上げる、そのガソリンスタンドのスタッフの方々の生き生きとした姿と笑顔が飛び込んで来ました。

理屈抜きのその「笑顔」が今も私の瞼には焼き付いています…

(文責:坂田)

 これであすなろ通信の今月号は、そして今年の通信は終わります。皆様あわただしい年の瀬、御身ご自愛の上お過ごしいただいて、素晴らしい来る年をお迎え下さい。