あすなろ通信第48号(1203)

     あすなろ通信第48号(1203)
あすなろ支援会会長 才田 覚
 この「あすなろ通信」は、あすなろ支援会会員の皆様にこれをお届けすることにより、一つはあすなろ支援会会員の方々の動きや鍼と健康に関することを皆様にご理解いただきお役に立ちたいこと、そして二つ目には会員相互の一体感を高めて本会を発展させること、この二つの目的で発行いたしております。
 このような意味で皆様には連絡、ご意見、お尋ね等々、何でもございましたら会の事務局(下記)までお寄せ下さいますようお願いいたします。

あすなろ支援会事務局
住所 〒862-0941
   熊本市出水8丁目19-24 
   才田鍼専門治療院気付
   あすなろ支援会事務局
電話 096-371-1234
あすなろ支援会ホームページアドレス
http://asunaro-hari.jpn.org/

 さて今月の通信は、事務局からとして、あすなろはり支援会総会について及び支援会販売部設置について、次に会員情報(中丸仁さん)、あずにゃん(無農薬野菜情報)2号、今月の言葉をお届けいたします。
 どうか最後までお読み下さいますように。

   ・事務局から
1.平成23年度あすなろ支援会総会について
 1月の役員会でその式次第が検討され、その結果を皆様にお手紙で総会開催のご案内としてお伝えしました。ところで今年は初めてあすなろ支援センターで総会を開催いたします。皆様どうか一人でも多くの方のご参加をお願いいたします。
2.あすなろ支援会販売部設置について
 今度総会に販売部特別会計と販売部の設置の提案をいたしますが、それが認められますとこれまで才田個人が行ってまいりました鍼の道具の販売が支援会でなされるようになります。

   ・会員情報
 平成22年の4月から不定期的に本会会員の方々の情報をお伝えしております。
 今回もそのお一人の人についてお伝えします。

  会員情報
  中丸仁さん
  2012年3月
 中丸さんはひた向きに頑張る実直な性格の人です。数年前にあすなろ支援会に入会してくれました。その更に数年前から才田鍼専門治療院で鍼臨床の研修を受けていましたが、あるとき自分が行った鍼でしこりが取れ、そこがはっきりとくぼんできた時、鍼の効き目を実感してそれから俄然鍼が好きになり、研修を続けていました。そして数年後、今から3年ぐらい前に他の事情で東京に引っ越しました。そして彼も、私が鍼を学んだ世田谷の信愛福祉協会に通い鍼を学ぶようになりました。
 時々彼から学習の進み具合を書いたメールをもらっていましたが、昨年の大晦日に私の家を訪ねてきてくれたので鍼をしてもらいました。彼は難しい場所も難なくできるようになっていて、彼に注意しなくてはならないことは少なく、鍼を刺す技術的なことはあまり問題なくなっていました。
 後は臨床の技術を学べるための環境作りをどうするかということだけになっていました。そのアドバイスをして別れましたので今後の彼の活躍が楽しみです。

   ・あずにゃん2号
 前回はあずさ1号として無農薬野菜便りを始めました。その題名を私の家で話しておりましたら、うちの孫があずにゃんと言いましたので、私はその言葉の響きの感じが面白くこれだと思い、本人に聞きもしないでこの野菜便りを「あずにゃん」と名付けました。私も毎週あずにゃんの作った野菜を食べて健康になろうとしております。先日食べたほうれん草は子供の頃食べた泥臭い風味が懐かしく思われました。
 それをあずにゃんに話しますと「東京にも送っていて、その人もそのように言います」と言っていました。

これをお読みの方からのお尋ねご意見ご要望がありましたら事務局(連絡先は前記)までご一報ください。

  あずにゃん2号(1203)
 皆さま、こんにちは。川口梓です。
 才田先生と以前よりご縁がありまして、前回から通信に載せて頂くことになりました。
 私は昨年の6月から御船に畑を借り、かねてからの夢だった「あずさ農園」をスタートしました。
土と命を大切に考えていますので無農薬はもちろんですが、化学肥料も使用していないお野菜を育てています。
 その奮闘記をここで少し書かせて頂き、皆さまがいつも口にされているお野菜さんたちの生まれてくる場所が風景として少しでも皆さんに伝われば幸いです。今後も私の様な言葉を知らない人間が、どれだけ伝えられるかわかりませんが、思った事、感じた事を一生懸命書かせて頂こうと思いますので、よろしくお願い致します。
今あるお野菜の情報も載せて頂きますので、どうぞお楽しみになさってください。それではよろしくお願い致します。
 ご注文は直接、私にお電話下さい。
 番号 080-3370-5449 です。
 今は、チンゲンサイ、大根、ブロッコリーがあります。
 その時々でお野菜が変わりますので、まずはお電話下さい。

  ・今月の言葉
今月の言葉担当 坂田勇
 平成21年11月から「今月の言葉」を紹介させていただいている坂田と申します。熊本市在住、40代の営業マンです。
 私などがこのような場で執筆するのは、正直少々気恥ずかしいのですが、ここで紹介いたします「言葉」が、皆様の毎日の日常に少しでもプラスになればと思い書き進めてまいります。どうぞ宜しくお願いいたします。

今月の言葉:28(2012年3月)

E=mc2

(イー・イコール・エム・シーじじょう、もしくはイー・イコール・エム・シー・スクエアド)

これは20世紀最高の天才物理学者:アインシュタイン博士が、その「特殊相対性理論」の帰結として発表した関係式で、質量とエネルギーの等価性ともいわれるものです。「そんな難しい話、分からないよ…。」と思われる方、ご安心ください。私にも何の事だかさっぱり分かりません…。

しかしこの式は、捉え方によってとても「面白い」式なのです…。

この式は本来、宇宙空間において、

エネルギー(E) = 質量(m)   光速度(c)の2乗 

エネルギーは質量 光速度の2乗に比例する、という意味らしいのですが、

「エネルギー」、「質」、「速度」という私たちにもなじみ深い単語に着目して、「エネルギー」=そのまま「エネルギー」、「質量」を「質」=仕事の質・技術、「光速度」を「速度(スピード)」=仕事の対応速度(スピード)、と置き換えてみると、

エネルギー = 仕事の質・技術   仕事の対応速度の2乗 ということになります。

そして仕事の質・技術、仕事の対応速度(スピード)を1から10までの段階(10が満点)で表して、式に当てはめてみると、興味深い答えが得られます。

たとえばとても美味しいと評判のレストランがあるとします。いざ行ってみると評判店らしく満席で、しばらく待ちあい用の席に案内されますが、10分くらい経ってもお店側から「ただいま大変込み合っておりますので、もうしばらくお待ちください」というようなフォローがないとしたらどうでしょうか?

料理(仕事の質・技術)は10点満点でも、顧客対応(仕事の対応速度:スピード)が1点であれば、

エネルギー = 10   1の2乗 = 10点 となります。

逆に味はそこそこでも、店員さんが「お待たせして申し訳ございません、もう少々お待ちください」というように対応が丁寧なお店の場合、

料理(仕事の質・技術)は5点でも、顧客対応(仕事の対応速度:スピード)が10点であれば、

エネルギー = 5   10の2条 = 500点 となります。

これは極端な例ですが、お客様(患者様)相手の仕事をされている治療院の先生方、いかがでしょうか?

また自分が「お客様」である場合、皆さまいかがでしょうか?

私は自分の22年間の営業経験から、この公式は「商売の鉄則」に通じている、と確信しました。

全ての「商売」にとって仕事の技術・質・スキルはもちろん大事なことですが、それ以前にまずお客様(患者様)への対応速度=心配り・配慮が何より重要なことだと思います。

E=mc2(イー・イコール・エム・シーじじょう、もしくはイー・イコール・エム・シー・スクエアド)、天才アインシュタイン博士は氏のライフワークであった「特殊相対性理論」の帰結として導き出したこの式を、こういう勝手な解釈していることを許してくれるでしょうか?(推測ですが、博士はとてもユーモアのセンスがあった人のようですから、「多分大丈夫だろう。」と思っています)。

しかしながら、「今月の言葉」ならぬ「今月の公式」?となってしまったこと、どうぞご容赦ください。

                                                        (文責:坂田)

 これで今月のあすなろ通信は終わります。
 2月は光の春、そして3月は暖かな春が来ると期待されますが、実際はまだまだ厳冬は続きます。
 皆様お身体をおいといの上、寒さを乗り切って本当の暖かな春をお迎えください。