あすなろ通信第84号(1503)

あすなろ通信第84号(1503)
あすなろ支援会会長 才田 覚
この「あすなろ通信」は、あすなろ支援会会員の皆様にこれをお届けすることにより、一つはあすなろ支援会会員の方々の動きや鍼と健康に関することを皆様にご理解いただき、皆様のお役に立ちたいこと、そして二つ目には会員相互の一体感を高めて本会を発展させることにより、さらに鍼の普及をはかること、この二つの目的で発行いたしております。
このようなことでございますので、皆様には本会へのご協力をいただく意味でご連絡、ご意見、お尋ね等々、何でもございましたら会の事務局(下記)までお寄せ下さいますようお願いいたします。

・会員募集についてのお願い
当「あすなろ支援会」では常時会員の募集を行っております。
これをお読みの会員の皆様も周りの人にこの会へのご入会をお勧め下さいませ。その時の資料として「あすなろ支援会へのご入会案内」を同封致します。皆様よろしくお願い致します。

あすなろ支援会事務局
住所 〒862-0941
熊本市中央区出水8丁目19-24
才田鍼専門治療院気付
あすなろ支援会事務局
電話096-371-1234

あすなろ支援会ホームページアドレス
http://asunaro-hari.jpn.org/

さて、今月のあすなろ支援会通信は、会員常時募集についてのお願い(別紙)、事務局からとして
1.今年度定期総会(第9回)及び講話会開催
2.販売部の販売品価格のお知らせ
それといつもの今月の言葉をお届けします。

・事務局から
1.今年度定期総会(第9回)及び講話会開催
さて下記により今年度の定期総会及び講話会を開催致します。
今年は初めての試みと致しまして、上に書きましたように総会の中で講話会を行います。
今、日本はモンゴルの人に比べて大相撲が大変弱くみえます。その原因ははっきりしてはいませんが、私は日本は平和の中にあって、ハングリー精神の不足も1つの理由ではないかと強く感じております。そのような中にあって、我々はそれを嘆くばかりではなくて、この平和の中で、今日・明日の危険もなく、ゆっくり心を耕す時間があります。この耕すに必要な1つの方法としまして、人からのお勧めをいただいて、生きる意味を常に問い直すことが、非常に大切なことではないのかと私は思わされております。
お彼岸直前の春のひととき、皆さんとご一緒に心を耕してはいかがでしょうか。
このようなことで、今回この生きがいの講話会を開催致します。どうか会員の皆さまのお誘い合わせの上でのご参加をお願い致します。

開催日:平成27年3月15日(日)
会場:あすなろ鍼専門治療院ー水前寺ー
(会場は会員の皆さまに先に送付致しました治療院の地図をご参照下さい)
講師:園田正春先生
公益財団法人 モラロジー研究所
熊本南モラロジー事務所 代表世話人
申込み、問い合わせ先:才田覚
電話:096-371-1234
参加費:講話会無料
尚、会員の方には今年度会費をいただきます。維持会員の方は5千円、賛助会員の方は3千円。会員以外の方でも無料でお弁当もご用意致します。どうか周りの人もお誘い下さい。

2.販売品価格のお知らせ
販売部では鍼治療院に必要な品物の販売を行っています。今月もその価格一覧を掲載致します。
皆さまのご利用をお待ち致します。

・あすなろ販売部価格一覧(201412)
はり すり下ろし ミルキーウェイ 医交社風
50本単位 1900円
1本単位 50円
はり ヤンイー 1箱(税込み) 1100円
はり タフリー 02番 1箱(税込み) 900円
アルコール(イソプロピル) 1本単位 330円
綿花 1袋( 1キロ) 1900円
はり筒 1本 1300円
折りたたみベッド 2万3千円
これは、初回の組み立てや説明が必要な場合は別に費用が加算されます。
ペーパータオル 1包み 130円

・今月の言葉
今月の言葉担当 坂田 勇
平成21年11月から「今月の言葉」を紹介させていただいている坂田と申します。熊本市在住、40代の営業マンです。
私などがこのような場で執筆するのは、正直少々気恥ずかしいのですが、ここで紹介いたします「言葉」が、皆様の毎日の日常に少しでもプラスになればと思い書き進めてまいります。どうぞ宜しくお願いいたします。

今月の言葉:60(2015年03月)

十年 偉大なり
二十年 畏るべし
三十年 歴史なる

どんな些細なことでも、本気で
やり続けると思いもかけない
大きな力になります。
大切なことは、いま自分が
できることに心を込めて
取り組むことです。

私が尊敬している鍵山秀三郎さん(カー用品店:イエローハットの創業者です)の言葉です。鍵山さんの日めくりカレンダーの23日に記されています。

今回この言葉をご紹介させていただきましたのは、私事ですが、私の本業である保険業がこの3月で丸20年となり、21年目を迎えることが出来たからです。
まぁ、私の場合「20年」と申しましても、とても鍵山さんの仰るような「二十年 畏るべし」には程遠い状態ですが………。
ご契約をいただいているお客様お一人お一人のおかげで、何とか今日まで務めることが出来ております。本当にありがたいことです。

平成7年4月、「青雲の志」を抱いて転職し(ちょっとオーバーですね)、当時の日動火災海上保険株式会社 熊本支店に入社した日のことが、昨日のことのようにはっきりと思い
だされます(当時はまだ20代でした…)。前職で愛媛県松山市に赴任していた私にとっては、5年振りに故郷熊本へ戻っての再スタートとなりました。

平成7年と言えば、死者6432名を出した阪神淡路大震災(1/17)に始まり、オウム真理教による地下鉄サリン事件(3/20)、続けて警察がオウム真理教教団本部施設を強制捜査、教祖:麻原彰晃(あさはら しょうこう)と教団幹部
を逮捕(3/22)、という驚天動地の出来事の連続で幕が明けた年です。
しかし転職したばかりの新入社員(正式には1年間の仮採用期間中)の私は、会社から課された膨大な契約件数のノルマをこなすことで頭が一杯で、大震災・大事件の報道すらなかなか見る余裕がなかった記憶があります。

何とか1年間のノルマをクリアして平成8年4月に晴れて正社員となりましたが、固定給は3万3千円であとは歩合給という厳しい給与制度(業界としては当たり前の水準ですが…)だったため、入社から3年間は前職の年収に遠く及びませんでした…。
それでもこんな私に大切な自動車保険や火災保険、生命保険を任せてくださるお客様があり、その方々の期待を裏切らぬようにと歯を食いしばって頑張りました。
すると5年目の平成11年に前職の年収を超えることができました。それからは本当に少しづつですが前年比でマイナスとならないように取り組みました。

そして10年目の平成16年、業界再編により日動火災は東京海上社と合併して新会社:東京海上日動火災となりました。合併後2年間は私も新会社:東京海上日動火災の社員へと籍を移して従来通りの仕事が出来ましたが、それも束の間、平成18年には東京海上日動火災の専属代理店として独立しなければならなくなりました(いわゆる「リストラ」です)…。
それから早9年、平成27年の現在に至っております。
(今月は私の半生を語る場になってしまいました。誠に申し訳ございません。)

さて、この「今月の言葉」は、入院による休載を挟みながら今回で60回となり、丸5年続いていることになります。
こちらは「十年 偉大なり」のちょうど半分ですが、アッと言う間の5年間でした…。

皆さまが私の独り言にお付き合いいただけるならば、十年を目指して書き進めてまいりたいと思っております。
どうぞ宜しくお願い致します。
(文責:坂田)
編者より

十年 偉大なり
二十年 畏るべし
三十年 歴史なる

この言葉を、いつも意味深い言葉を書いて下さっている坂田さんにお送りして、今月の言葉の連載の継続をお願いしたいと思います。
私編者も頑張ります。

・広告のページ
あすなろ通信をお読みの皆さまへ
「今月の言葉」を連載させて頂いております、坂田です。
いつもありがとうございます。
これまであすなろ支援会には、HP作成や「今月の言葉」など、ボランティアに徹して参画して参りました。
しかしながら私の本業である保険代理店業でも、皆さまのお役に立てることがあるかもしれないとの想いから、才田先生の許可を得ましてPRをさせて頂くことになりました。
どうぞ宜しくお願い致します。

私は、東京海上日動火災保険(株)及び東京海上日動あんしん生命保険(株)の代理店:株式会社友和会(ゆうわかい)の営業マンです。
キャリアは今年でちょうど20年目を迎えております。営業エリアは原則的には熊本市及びその近郊です。
取扱商品は、自動車保険・火災保険・傷害保険・自賠責保険など損害保険全般と、医療保険・がん保険・生命保険・個人年金保険など生命保険全般です。
お客様の「万が一」の際に、お役にたてる保険商品を取り扱っております。
何かございましたら、どうぞお気軽にお声かけください。
何かお役に立てることがあるかもしれません。
ありがとうございます。

〒862-0950
熊本市 中央区 水前寺 4丁目 8-28
東京海上日動火災代理店
東京海上日動火災あんしん生命代理店
株式会社 友和会(ゆうわかい) 坂田 勇(さかた いさむ)
事務所:096-383-6660
携帯電話:090-1086-4722

これで今月のあすなろ通信は終わりです。
これから光の春から、本当の春暖の季節になります。皆さんと共に春を楽しみたいと思います。