あすなろ通信第96号(1603)

  あすなろ通信第96号(1603)
あすなろ支援会会長 才田 覚
 この「あすなろ通信」は、あすなろ支援会会員の皆様にこれをお届けすることにより、一つはあすなろ支援会会員の方々の動きや鍼と健康に関することを皆様にご理解いただき、皆様のお役に立ちたいこと、そして二つ目には会員相互の一体感を高めて本会を発展させることにより、さらに鍼の普及をはかること、この二つの目的で発行いたしております。
 このようなことでございますので、皆様には本会へのご協力をいただく意味でご連絡、ご意見、お尋ね等々、何でもございましたら会の事務局(下記)までお寄せ下さいますようお願いいたします。

  ・会員募集についてのお願い
 当「あすなろ支援会」では常時会員の募集を行っております。
 これをお読みの会員の皆様も周りの人にこの会へのご入会をお勧め下さいませ。その時の資料として「あすなろ支援会へのご入会案内」を同封致します。皆様よろしくお願い致します。

あすなろ支援会事務局
住所 〒862-0941
熊本市中央区出水8丁目19-24
才田鍼専門治療院気付
あすなろ支援会事務局
電話096-371-1234

あすなろ支援会ホームページアドレス
http://asunaro-hari.jpn.org/

 
 さて、今月のあすなろ支援会通信は、会員常時募集についてのお願い(別紙)、事務局からとして
1.2月に役員会を行いました。
2.今年の主支援事業について。
3.あすなろはり無料体験会開催について。
 などをお伝えしてまいります。また、いつものように、広告のページもあります。

   ・事務局から
1.2月の14日に役員会を行いました。
 これで総会への提出議題が決まり今年の取り組みが始まったわけです。
 総会は3月20日(日)に決めました。このことは、別に会員の皆さまにはご案内いたします。ご出席下さいますようお願い致します。
 役員会では監査が行われた他、次のことが話し合われました。

 総会の次第の検討
 主支援事業について
 無料あすなろはり体験会について(後に掲載)
 そして毎年のことで、予算・決算・監査などが話し合われて無事に終わりました。

2.今年の主支援事業について
 今年は一人は阿蘇の碇さん(2年目)、もう一人は東京の中丸さん(1年目)が役員会で決められました。
 中丸さんはやがて開業する予定で、総武線(東京と千葉を結ぶJR)の小岩駅のすぐそばに引っ越しました。
 それでこの2名の支援をしたいと考えております。
 総会が終わりましたら、この2名の方と話し合い、具体的な支援の内容を考えたいと思います。

 3.あすなろ無料はり体験会について
 今年は5回目なので、最初にイメージしたように実施治療院の数を申し込み制にして、会員であれば参加治療院全員で、それぞれ独自のアイデアでやるようにできないかを、もう少し次の役員会で詰めることになりました。
 いずれにせよ、やっと始まったこの動きを、鍼の普及と患者さんの掘り起こしにつながる手応えが感じられるまで続けたいと考えております。

   ・広告のページ
   あすなろ通信をお読みの皆さまへ
商店 水前寺産業 才田 覚
 水前寺産業の才田でございます。
 昨年の11月からあすなろ支援会より引き継ぎまして、はりの道具類を販売させていただきます。皆さまのご購入をお願い致します。
 現在のおすすめの1推しは綿花1キロです。この治療消毒用の4センチ角にカットされたものは好評です。値段は1包み1900円です。
 次に当商店の今後の方針を書きます。
 次に取り組みたいのは、企画の提供です。
 たとえば、メールの使いこなしコース何時間いくら、はりのカルテ管理ソフトのマスターコース何時間いくら、ネットで買い物チャレンジコース何時間いくら。
 このようなことを今考えております。具体的には利用される方の要望を伺って、その人にあったやり方をすると何時間ぐらいかかっていくらぐらいになるかを企画したいと考えております。
 皆さまからの問合せをお待ちします。
 担当は才田覚
 電話090ー9571ー6096・096ー371ー1234
広告のページ終わり

 今月はこれで通信を終わりとさせていただきます。
 すでに2月は光の春という言い方がなされますが、これからは暖かな春たけなわとなります。皆さまが楽しまれますことを祈念致しつつ失礼致します。

あすなろ通信第95号(1602)

  あすなろ通信第95号(1602)
あすなろ支援会会長 才田 覚
 この「あすなろ通信」は、あすなろ支援会会員の皆様にこれをお届けすることにより、一つはあすなろ支援会会員の方々の動きや鍼と健康に関することを皆様にご理解いただき、皆様のお役に立ちたいこと、そして二つ目には会員相互の一体感を高めて本会を発展させることにより、さらに鍼の普及をはかること、この二つの目的で発行いたしております。
 このようなことでございますので、皆様には本会へのご協力をいただく意味でご連絡、ご意見、お尋ね等々、何でもございましたら会の事務局(下記)までお寄せ下さいますようお願いいたします。

  ・会員募集についてのお願い
 当「あすなろ支援会」では常時会員の募集を行っております。
 これをお読みの会員の皆様も周りの人にこの会へのご入会をお勧め下さいませ。その時の資料として「あすなろ支援会へのご入会案内」を同封致します。皆様よろしくお願い致します。

あすなろ支援会事務局
住所 〒862-0941
熊本市中央区出水8丁目19-24
才田鍼専門治療院気付
あすなろ支援会事務局
電話096-371-1234

あすなろ支援会ホームページアドレス
http://asunaro-hari.jpn.org/

 
 さて、今月のあすなろ支援会通信は、会員常時募集についてのお願い(別紙)、事務局からとして
1.1月か2月に役員会を行います。
2.今年の主支援事業について。
 などをお伝えしてまいります。また、いつものように、広告のページもあります。

   ・事務局から
1.1月か2月に役員会を行います。
 ここで総会への提出議題が決まり今年の取り組みが始まるわけです。
 今年大事に考えたいのは私を含めた役員の意識改革です。
 会員を増やそう(はりを普及するために)という目標を再認識するには、役員で福岡(うちのはりの先進県)に行き、その主立った人たちの話を聞き、我々は目標の達成のためにはどうあるべきか、何をしていくかを話し合いたいと思っています。すでに福岡の人には打ち合わせ済みで、こちらの役員会を通したあとに動き始めることにしています。

2.今年の主支援事業について
 今年は一人は阿蘇の碇さん、もう一人は東京の中丸さんがやがて開業する予定で、総武線の小岩駅付近の候補物件を探していますので、これが見つかったら支援するという含みを決めておければと考えております。

 あとは毎年のことで予算・決算・監査などです。
 
   ・広告のページ
   あすなろ通信をお読みの皆さまへ
商店 水前寺産業 才田 覚
 水前寺産業の才田でございます。
 昨年の11月からあすなろ支援会より引き継ぎまして、はりの道具類を販売させていただきます。皆さまのご購入をお願い致します。
 現在のおすすめの1推しは綿花1キロです。この治療消毒用の4センチ角にカットされたものは好評です。値段は1包み1900円です。

 今月はこれで通信を終わりとさせていただきます。
 すでに2月は光の春という言い方がなされますが、やがて暖かな春が来ることも事実です。
 それではその暖かな春を待ち続けながら失礼致します。

あすなろ通信第94号(1601)

    あすなろ通信第94号(1601)
                                    あすなろ支援会会長 才田 覚

 この「あすなろ通信」は、あすなろ支援会会員の皆様にこれをお届けすることにより、一つはあすなろ支援会会員の方々の動きや鍼と健康に関することを皆様にご理解いただき、皆様のお役に立ちたいこと、そして二つ目には会員相互の一体感を高めて本会を発展させることにより、さらに鍼の普及をはかること、この二つの目的で発行いたしております。
 このようなことでございますので、皆様には本会へのご協力をいただく意味でご連絡、ご意見、お尋ね等々、何でもございましたら会の事務局(下記)までお寄せ下さいますようお願いいたします。

  ・会員募集についてのお願い
 当「あすなろ支援会」では常時会員の募集を行っております。
 これをお読みの会員の皆様も周りの人にこの会へのご入会をお勧め下さいませ。その時の資料として「あすなろ支援会へのご入会案内」を同封致します。皆様よろしくお願い致します。

あすなろ支援会事務局
住所 〒862-0941
熊本市中央区出水8丁目19-24
才田鍼専門治療院気付
あすなろ支援会事務局
電話096-371-1234

あすなろ支援会ホームページアドレス
http://asunaro-hari.jpn.org/

 皆さま明けましておめでとうございます。
 昨年末の学習会のあとの忘年会の折には、来年はもっとあすなろ学習会への参加者を増やそうという声が上がり、編者の私才田もまた日々新たなりという考えをもちまして、今年もいろんな企画に精一杯取り組んでいこうという気持ちになっております。

 さて、今月のあすなろ支援会通信は、会員常時募集についてのお願い(別紙)、事務局からとして
1.1月か2月に役員会を行います。
2.今年の主支援事業について。
 また、いつものように、広告のページもあります。

   ・事務局から
1.1月か2月に役員会を行います。
 ここで総会への提出議題が決まり今年の取り組みが始まるわけです。
 昨年末の学習会のあとの忘年会の折には、来年はもっとあすなろ学習会への参加者を増やそうという声が上がり、編者の私才田もまた日々新たなりという考えをもちまして、今年もはりの普及に対するいろんな企画に取り組んでいこうという気持ちになっております。
2.今年も主支援事業を行ってまいります。
 本会で最も大切な事業の主支援事業を会員の皆さまのおかげで昨年も無事行うことが出来ました。
 昨年も2件のはり治療院の支援を行いました。
 今号ではその経過を紹介致します。
 まず1件目の「あすなろはり治療院-九品寺-」では、その経営の促進のための支援(宣伝など)でしたが、これは無事に終わりました。
 次に2件目の「碇はり治療院」では学習体制の強化として、医学データのダウンとその貯蔵整理法を学習していただいております。
 1回目はデータのダウンの学習をしてもらいました。2回目はファイル管理ツールの活用ということで、ダウンしたデータの保存やフォルダの作成やコピーや移動を学習してもらいました。
 この2回の学習支援で、インターネットや特にサピエ(日本最大の量の点字データが保存されていて、電話でデータのダウンが出来る施設)からのデータのダウンとその整理が出来るようになり、治療院の理論的能力強化が図られることになりました。
3.はり関連の材料などの道具類の販売をこれまで支援会で行ってまいりましたが、今回これを「水前寺産業」というお店にまかせることになりました。
 これが販売事業の移行についてのお知らせでした。

  ・今月の言葉
今月の言葉担当 坂田 勇
平成21年11月から「今月の言葉」を紹介させていただいている坂田と申します。熊本市在住、40代の営業マンです。
私などがこのような場で執筆するのは、正直少々気恥ずかしいのですが、ここで紹介いたします「言葉」が、皆様の毎日の日常に少しでもプラスになればと思い書き進めてまいります。どうぞ宜しくお願いいたします。

  休載のお詫び
編者 才田 覚
今月も担当の坂田さんが退院はされたものの体調がすぐれないままです。それでこの「今月の言葉」をしばらく休ませていただきます。
ここに謹んで休載をお詫び致します。

   ・広告のページ
   ご挨拶
あすなろ通信をお読みの皆さまへ
商店 水前寺産業 才田 覚
 皆さま、明けましておめでとうございます。水前寺産業の才田でございます。
 昨年の11月からあすなろ支援会より引き継ぎましてはりの道具類を販売させていただきます。皆さまのご購入をお願い致します。
 この水前寺産業につきましては、これから追々そのお知らせをこの通信の広告のページで行います。どうかよろしくお願い致します。

 今月はこれで通信を終わりとさせていただきます。今年の皆さまのご多幸を祈念致しつつ失礼致します。
 有り難うございます。