あすなろはり勉強会(2021年12月12日)報告

12月の勉強会は、コロナ感染者数も落ち着いたなか、初めて私こと本田宅で行いました。寒さが厳しいなかにも、陽射しが暖かい1日を、勉強にいそしみました。
今回は、会場に6人、Zoomで東京からお一人が参加。

午前のひとコマめは、盲学校教諭・小川祐一郎先生による講義。
テーマは、“手関節周囲の解剖と触察”でした。
今回は、手関節に関して、とくに伸筋群の解剖学の要点を確認ということで教えていただきました。
知識として知っていても、実際に身体のなかで、どんなふうに骨・筋等が存在するかは、なかなかに習熟を要します。その点、とても大事なことだと思われます。

ふたコマ目は症例発表です。
中丸先生の、『五十肩についての症例発表』がありました。
次いで、その流れで、『五十肩の運動法』を嶋田先生の息子さんk君が調べて、その読み上げによって、皆で行いました。
『コッドマン体操』ほか、2種類の体操法を試しました。
少しやっただけでも、案外軽くなるもので、ぜひとも患者さまにはお勧めしたいですね。
午後からは、二人で組んでの鍼実技です。
私こと本田は、嶋田k君と組みました。
K君の、この勉強会への参加も1年を越え、ずいぶんと平方の鍼らしくなってきました。あとは精進あるのみ!

ロウバイ

ロウバイ

2月の勉強会案内

新年あけましておめでとうございます。

わたしたち『あすなろ鍼治療院グループ』は、2022年も一歩でも前進すべく努力して参りたいと存じます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

わたしたちの鍼は、〔平方鍼法〕 と言います。
鍼の学校では教わらない特殊な技法です。
初めての方、大歓迎!
触診から鍼のさし方まで、丁寧にお教えいたします。
ご興味のある方のご参加をお待ちしております。

要項は、下記のとおり。

☆2月の勉強会

○日時: 2022年2月13日(日)  午前10時から午後4時頃まで

○場所: あすなろ鍼治療院_熊本南_
   住所: 熊本市中央区本荘町717-2
     嶋田 裕 (しまだ ゆたか)
   電話: 096-245-6902

○内容: 午前 臨床座談会、症例発表などの講義、午後 鍼の実技

○費用: 1,000円(昼食代は別)

○午前の講義は、Zoomを使ってのリモート参加も可能です(参加費は500円)。

○申し込み: ○1週間前までに、連絡先(嶋田 ℡ 096-245-6902)まで連絡をお願いいたします。

○コロナ感染予防のため、マスク着用にてお願いいたします。また、身体に不調な点などおありの方はご遠慮ください。

○コロナ感染状況によっては、勉強会を中止にせざるを得ない場合もございます。その際はホームページに掲示し、申し込まれている方には電話、メールでお知らせいたします。

あすなろはり勉強会(2021年10月3日)報告

10月の勉強会は、コロナ感染者数も少なくなった3日の日に行われました。

不思議と勉強会のときは、コロナ感染者数が減りますね。
これも参加者の普段の行いが良いせい?

ただし、気候のほうは残暑真っ盛り。
エアコンの冷風のなか、熱中症を心配なほどの暑さでした。

今回もZoomで東京と阿蘇からお二人が参加。
リモートにもすっかり慣れてきたお二人です。(^。^)

午前のひとコマめは、盲学校教諭・小川祐一郎先生による講義。
今回のテーマは、“手関節周囲の解剖と疾患”
疾患としては、今回はとくに『腱鞘炎』を取り上げていただきました。
まずは、手関節周囲の骨の解剖。
そして、浅いところから深い部分の筋、外側から内側へ、手指や手首を動かす筋等々。
来院の動機にもなる病気ですので、みな真剣に聴いています。

ふたコマ目は症例発表です。
中丸先生の『腱鞘炎に対する鍼治療』と、嶋田先生の症例発表は、いつもながら興味深く聴かせていただきました。

午後からは、二人で組んでの鍼実技です。
わたしこと本田は、久しぶりに嶋田先生と組みました。
毎回、思うことですが、同じ“平方鍼法”といっても、それぞれに個人技があり、それぞれその特徴を生かして鍼をしています。
あらためて、目からうろこ状態で、勉強になります。
このような勉強会を続けていくことの意義は、ここにあるのではないでしょうか。

さて、中丸先生が、ご自分のホームページに研修報告を書いておられます。
こちらもご高覧ください。

10月のあすなろ鍼勉強会の研修報告をHPにアップしました。
腱鞘炎に対する鍼治療 症例発表

あすなろはり勉強会(2021年4月4日)報告

桜の花も早々に散り、4月の勉強会はツツジの季節のなか行われました。
今回も、東京と阿蘇からオンラインで参加の二人を加え、午前は9名、午後は6名の参加者で開催です。

ひとコマ目。小川先生の講義は、『腰部の診察と症状』についてです。
鍼の適応となる腰痛をおおむね四つに分類。
以下、その四つです。

  1. 筋筋膜性腰痛
  2. 椎間関節性腰痛
  3. 変形性脊椎症(分離・すべり症を含む)による腰痛
  4. 座骨神経痛を伴うもの

それぞれに説明を付け加えてゆかれました。

さて、今回もびっくり!
嶋田先生の趣味(?)、“脊柱骨模型”が登場。
神経付き、腰椎にはヘルニア付き!
この模型を使って、患者さまにお話すれば、かなり理解が進みそうですね。

ふたコマ目は、“ウィリアムス(腰痛)体操”をK君の読み上げにしたがって行いました。
慢性症状の方や、回復期の患者さまに指導してゆけば、腰痛の改善に効果が期待できそうです。

午後は、鍼の実技。
嶋田氏は小川先生、石動丸氏はK君と、そして、私=本田は、堀江氏と組んでの実技です。
小川先生は、盲学校教諭なので、普段は平方鍼法ではないのですが、熱心に学んでくださっています。
私は、下部腰椎直即の筋緊張を取ってもらいましたが、この後、とても便通がよくなり、多少の膀胱直腸障害があったことに気がつきました。
問診で知りえた事柄から、いかによりよい鍼治療をしていくか、深く考えさせられました。

さて、オンラインで参加の中丸鍼治療院院長 中丸仁先生が今回の勉強会報告をホームページにアップされました。
こちらもご覧ください。

あすなろ鍼勉強会2021年4月 研修報告 | 中丸鍼治療院 [江戸川区・小岩駅前]

あすなろはり勉強会(2021年2月7日)報告

2021年も、〔あすなろ ハリ治療院グループ〕は、皆さまの健康維持のお手伝いをさせていただくために精進してまいりたいと存じます。

今年初めての勉強会は、新しく〔平方鍼法〕を学びたいという方が参加。
また、午前中の講義には、東京と阿蘇からオンラインで二人の先生方が参加されました。
午前のひとコマ目は、嶋田先生の『ぎっくり腰、及び坐骨神経痛への鍼』の症例発表。
息子さんのK君が読み上げ、嶋田氏が注釈をつけていきます。
途中、質問も多数投げかけられ、オンラインでの質問も寄せられました。
この愁訴は治療院におみえになる患者さまに多く、だからこそこれを治せなければ一人前の鍼師とはいえません。
熱心なあまり、また時間が押してしまいました。

ふたコマ目の、小川先生による今回の講義は、〔骨盤周囲の運動〕というテーマです。
具体的には、股関節の運動、脊柱の運動、それに伴う骨盤の動きです。
体幹を支え、下肢を動かすこれらの骨・筋群は、触診の難しい筋肉もあり、いかにアプローチするかという点に議論が集まりました。
知識に、実践を近づけていくという作業です。
毎回、本当に勉強になります。

午後は、二人ひと組の鍼実技。
新しく参加のIさんには、嶋田氏が〔平方鍼法〕の刺鍼法を指導。
私=本田は、K君と組んで、両方の腕をしてもらいましたが、鍼師の諸氏も、けっこう腕が疲れていることが判明。
自分の体のメンテナンスも課題です。

さて、オンラインで参加された中丸鍼治療院院長 中丸仁先生が今回の勉強会の研修報告をご自分のHPにアップされました。
こちらもご覧ください。

あすなろ鍼勉強会2021年2月 研修報告 | 中丸鍼治療院 [江戸川区・小岩駅前]